FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
nanoblock AWARD 2018 を振り返って(その2)
 前回に引き続きnanoblock AWARD2018にエントリーしたNoLimit 部門の「EXPO’70」について解説します。
実は一番最初に作りたいと思ったのは太陽の塔ではなく、パビリオンのひとつの『ガスパビリオン』です。丸くて可愛い特徴あるつるっとした形状をうまく再現したいと1年以上前から白のスロープブロックと格闘?してきました。納得いくかたちになったのがこれです。
IMG_2084 (編集済み) 
スロープブロックを使ってぽっちを隠した前半分と後ろ半分を作成して関節ブロックを表裏に合わせて凹み同士を接続してぽっちを隠しました。
IMG_2367.jpg 

つぎに作り始めたのが、『スイス館』です。これはクリアパーツの組み合わせだけで簡単にできるだろうと思っていたのですが凸凹の雰囲気がなかなか出なかったので、いろいろな組み方を試して決めました。
クリアパーツのみで組んだので下から照明で夜のライトアップできるようにベースもクリアを使用しました。
IMG_2075 (編集済み) 

こんな感じになります。このほうが『スイス館』の特徴がよく出ていていい感じです。
IMG_2393.jpg 

次に手がけたのが、『ソビエト館』です。色は赤と白のストライプで形状もシンプルですが、天にも昇るかのようなカーブが気に入って作ってみました。パビリオンの中ではかなり大きいみたいですが、ほかのパビリオンと同じサイズで作りました。
IMG_2077.jpg 

これは『富士グループ館』です。エアチューブを並べた感じを出したくて1✖1丸を中心にして組んでみましたが、ちょっと雰囲気出たかなってぐらいですかね。チューブの感じは出せませんでしたが、色のグラデーションは満足していて、少し離れて見るといい感じです。
IMG_2068 (編集済み) 

次に、『東芝IHI館』です。ウニのような奇抜なデザインが面白いと思って組んでみましたがやはり難しかったですね。もっと大きなサイズであればもう少し近づけたかもしれませんが、クリアパーツを入れながら雰囲気だけはそれなりに再現できました。
IMG_2047 (編集済み) 

これは、『日立グループ館』UFOからエスカレータが伸びたような形状が面白いです。これはすぐに組めました。
IMG_2080 (編集済み) 

次に『英国館』です。屋上に国旗の柄があるのでわかりやすいです。形状がシンプルなので、悩まずに組めました。
IMG_2082.jpg 

最後に『虹の塔』です。本当は『みどり館』を作るつもりだったのですが、全くうまく作れずに断念したので代わりのパビリオンを探して配色からナノブロック向きかなと思いこれにしました。配色は再現できたので気に入っています。
IMG_2078 (編集済み) 

エントリーがアワードの終盤になったのですが、賑わっている感じを出すために製作の最後の一週間は人を大量に作って並べることに費やしていました。

 構想を練り始めた当初は全パビリオンを本来の配置に並べて作ろうかと思ったのですが、パビリオンは全部で118あったらしいこと、敷地もかなり大きかったので断念し、太陽の塔と気に入った8館だけをピックアップして作りました。パビリオンは奇抜で面白いなデザインも多くて難しいながらも面白く作れました。これからも作って楽しい題材を探していきたいですね。

スポンサーサイト
[2018/10/28 22:38] | 未分類 | トラックバック(0) | page top
nanoblock AWARD 2018 を振り返って(その1)
今回は先月終了したnanoblock AWARD2018について、エントリーした作品について紹介します。
今回はNoLimit 部門には1作品のみエントリーしました。それが「EXPO’70」です。
IMG_2126.jpg 
 太陽の塔を大きく中心に配置。下の顔をグレーのブロックで立体的に作成。上の顔は
 黄色のブロックにクリアイエローを重ねて金色を表現し、目の部分はくりぬいた部分の奥に関節ブロックにクリアの丸で作りました。
IMG_2175 up 
 
しかし、一番作りたかったのは内部です。この夏に内部公開(予約制)を見に行った記憶を思い返しながら作りました。(内部での写真撮影は禁止だったので目に焼き付けました)
   IMG_2063 (編集済み)
内部は壁が赤色で音の反響を考えた凸凹になっていたので赤のニコイチのブロックを大量に使用して編み込むように組み立てて表現しました。中心には高さ41mの「生命の樹」を表現するためにクリアブルーの2✖2丸ブロックを幹に見立てて組み上げていき枝はスロープブロックを中心に組んでみました。実際には下から上に向かって原生類から哺乳類が各枝に配置されているのですがさすがに大きさ的に難しかったで最下層のアメーバを白のスロープ作ったのと中断にプロントサウルスを中断に作ることで精一杯でした。
塔は背中部分を開閉できるようにしたので閉じるとこうなります。
IMG_2105 (編集済み) 
ちゃんと背中の顔も作りましたよ。
上から見るとこんな感じです。
IMG_2190UP.jpg 
 実際にはもっと多くのパビリオンがあったのですが、気に入ったデザインの8つのパビリオンに絞って太陽の塔の周囲に作りました。実際の大きさの比率とは異なるのですが、どのパビリオンも20✖20のプレート2枚に合わせて作成して全体のバランスを取りました。
実際には太陽の塔を作るよりも1年も前から作り始めていたパビリオンもあるのですが、それについては次回のブログで。
[2018/10/28 00:34] | 未分類 | トラックバック(0) | page top
nanoblock AWARD 2017を振り返る U200部門

今回はU200部門です。
「鹿の角切り」
江戸初期の寛文年間(1672年)に危険防止と樹木の保護のために始まった伝統行事です。毎年10月に春日大社で行われます。実際に見に行ったことがありますが、なかなか鹿の角に縄がかからなかったり、かかった後も暴れたりするので抑えつけるまで危険そうな感じで結構迫力があり面白く見ることができます。
400鹿の角切りABC-2 
U200のなかで「鹿の角に縄をかける場面」と「縄を木に巻き付けて鹿が暴れないようにしている場面」と「抑えつけた鹿の角を神官が切取った場面」の3シーンを再現するために鹿や人をできるだけ少ないピースで再現することに苦労しました。縄はクリアブラウンを使っていますが、これは普通のブラウンを使うと縄が太くはっきりと見えすぎるために細さを表現するための工夫です。
400鹿の角切りABC-1
3枚目の写真は神官がのこぎりで角を切り取った瞬間を再現しています。のこぎりを持ち上げた角度にこだわったので、1×1の2ポッチの角度変換のブロックを使いました。


次は「金のシャチホコと大凧に乗った泥棒」です。

400金のシャチホコ盗むB

 黄色の特殊パーツで遊んでいて金のシャチホコっぽいモノができたのところから、これを使った作品ということろから生まれた作品です。

400金のシャチホコ盗む03

右手でシャチホコをつかませるだけで浮かせたところや左手には盗んだ鱗を一枚持たせたところや糸は細さを表現したクリアをつかったところが工夫した点です。


最後は「タイヤ取り競争」 タイヤパーツを使った作品を作りたくて思いついた作品です。中央にタイヤを山積みにして各チームが奪い合い自分のチームに持って帰ったタイヤの数が多いチームの勝ちという競技です。
400タイヤ競争03
タイヤを奪い合っている場面や両肩にタイヤを担いで走っている場面などポージングにこだわって再現してみました。
400タイヤ競争01
こだわったのは帽子のポッチガ嫌だったのでポッチのないフラットパーツをつかったところと引っ張り合いをしている感じを出すための腕の角度です。

今回はU200は以上の3作品です。自分としては「鹿の角切りが」満足いく出来だったのですがLIKE票はそこまで伸びなかったですね。次回のアワードまでにはもっと準備(ネタ集め)をしておきたいと思います。


[2017/11/28 21:40] | 未分類 | トラックバック(0) | page top
nanoblock AWARD 2017を振り返る NoLimit部門
今年の nanoblock Award 2017がありました。今回は NoLimit部門に2作品をエントリーしましたので紹介します。

まずは、「那智の滝と三重塔」です。
450nano那智の滝C 
これは和歌山にある世界遺産の一部です。この作品は出来るだけ省スペースでいかに遠近感を出せるかをテーマに作っていて、奥行きをだすために手前の木々は幹や葉を個別に作っていますが、奥にある山の木はポッチ自身を木々として見えるように意識して緑と深緑のブロックを組んでいます。

三重塔は実際に行って外からや中から見た雰囲気を再現することを重要視して組んでみました。
450nano那智の滝_三重塔 
3ポッチの人と三重塔は大きさの比率がほぼ実際の比率に近く作れたと思います。

三重塔の石垣は実はわかりにくいのですが、少し凝って作っています。
450nano那智の滝_石垣 
立体感をだすために3色のグレーを混ぜてしかも角丸を混ぜることで石垣の雰囲気を再現しています。

滝の後ろの壁についても立体感を出すために少し工夫しています。
450nano那智の滝_滝の裏 
ベージュやグレー系のニコイチブロックを使って凸凹を再現しています。
この作品は近くで見るよりも2m離れて見ると奥行きが感じられていい感じです。

もう一つの作品は「天燈鬼と龍燈鬼」です。
450龍燈鬼と天燈鬼B 
奈良の興福寺にある国宝です。数年前に実物を見た時から作りたいなと思っていたんですが、なかなかうまく作れなかったのですが、今回は色を付けて少しデフォルメすることでなんとか形になったかなと思っています。実際に見た像はかなり色あせているのでこの作品の色はほとんど想像ですが。

ちなみに後姿はこんな感じです。
200龍燈鬼天燈鬼B 

あと、この作品を作るうえでやりたかったことは灯篭に灯を入れることでした。
450龍燈鬼と天燈鬼D 
ちょうど100均で見つけたLEDライトが灯篭にジャストサイズだったのでうまく中に組み込んで灯を点けることができました。灯篭にはクリアだけでなくクリアイエローも混ぜてそれっぽい色と模様を再現しました。

今回のアワードNoLimitのエントリーはこの2点です。忙しかったのとネタ不足でいつもより少なかったので次回はもっと出せるようにしたいですね。

[2017/11/12 22:41] | ナノブロック(nanoblock) | トラックバック(0) | page top
nanoblock AWARD 2016 で準グランプリ受賞しました!
nanoblock AWARD 2016で入賞しました!
それもNoLimit部門での準グランプリとプラス部門の優秀賞のW受賞です。ヽ(^。^)ノ
NoLimitの準グランプリは「神戸メリケンパーク」nano_kobe_X4.jpg 

これまでの受賞履歴は
2010 「バッタ」で優秀賞
2011 「川を渡るヌーを襲うワニ」で優秀賞
2012-2013 「ナノブロックでQRコード3D」と「ペンギン水槽」で優秀賞
2013 PHOTO 「私の町にナノワールド」で準グランプリ
2013-2014 「天空のプール」で優秀賞
2014 PHOTO 「出窓nano水族館」で優秀賞
2014-2015 「砕氷船」で優秀賞
と毎回地味に入賞はしてきましたが(ここは少し自慢)ビルドコンテストでは優秀賞しかなく、達人の称号は少し不相応かなと思っていたので、今回の準グランプリ受賞は嬉しいだけでなくほっとした部分もあります。

そして、準グランプリが優秀賞と大きく違うのが副賞です。送られてきましたよードーンと。
nano_Award_1.jpg 
62cm×44cm×42cmの箱にびっしりと詰め込まれていました。

ビルダーのみなさんのモチベーションアップのためにもぜひ内容をすべて紹介します。
(私も去年まで準グランプリ以上がどんな副賞の内容か知りたかったので)
まずは、クリアファイルと賞状。
nano_Award_3.jpg 
クリアファイルにはいつものように今回のアワードのエントリー作品が印刷されていました。が、これまでと違うのは今回は入賞作品しか載っていないようです。個人的にはたくさん作品が載っているほうが見ごたえがあるのでいいかなと思います。

次に準グランプリの盾
nano_Award_4.jpg 
ガラス製で重量感があって豪華です。大きさは18cm×12cm

さてここからが副賞の紹介です。まずはポケモンシリーズ14種
nano_Award_5.jpg 
モノクロシリーズも4種
nano_Award_6.jpg

次にNBCシリーズがたくさん。
nano_Award_8.jpg nano_Award_9.jpg 

次にNBHシリーズやNBMシリーズ
nano_Award_10.jpg nano_Award_11.jpg

そして豪華なNBシリーズも 
nano_Award_12.jpg 
NBシリーズの4種は持っていなかったので特にうれしいですね。ぜひ飾る場所を確保して作りたいです。その前に受賞した「神戸メリケンパーク」を飾る場所も確保しなけりゃダメなのですが・・・

あと、本とベーシックセットもありました。
nano_Award_2.jpg 

小さなメモ帳とボールペンも2セット
nano_Award_7.jpg

プラス部門の優秀賞「ドローンを捕まえるワシ」のメダルと副賞です。
nano_Award_13.jpg
ガラス製のメダルは高級感ありますねー準グランプリの盾に負けてません。副賞はベーシックセットです。

ちょっと最近忙しいのでなかなか次の作品の制作できていないのですが、作りたい作品はあるので時間を見つけて次はグランプリを狙いたいですね。




[2016/11/13 22:41] | ナノブロック(nanoblock) | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。